コレステロール値を下げる食事(食品)

「総」コレステロールを下げる方法!

コレステロール値を下げる食事(食品)

.

コレステロールを多く含む食事

コレステロールを多く含む食事

コレステロール値が高いと言われたら、今までの食事内容を見直してコレステロール値を下げる食事をしなければなりません。コレステロールの摂取量を1日300mg以下に抑え、コレステロール値を下げる食事をしましょう。コレステロールを多く含む食品は、主に卵や魚肉類(特に内臓)、バターや生クリーム、たらこやいくら、数の子などもコレステロールを多く含む食品です。また、イカやエビ、貝類はコレステロールを多く含む食品といわれてきましたが、最近の測定でコレステロールの含有量は食品によっては30〜40%もコレステロールが少ないことが判明しました。さらにイカやエビにはコレステロールや中性脂肪が増えるのを抑えるタウリンというアミノ酸が含まれていることが分かりました。かといってイカやエビにはコレステロールは多く含まれていることには変わりはないので、コレステロール値を下げる食事のためには、量と料理法などを考えて摂取しましょう。


ページのトップへ ▲

コレステロール値を下げる食事方法

コレステロール値を下げる食事方法

肉などの動物性食品には動物性食品には良質のタンパク質が豊富でビタミンやミネラルも含まれています。しかしコレステロールや飽和脂肪酸が多く含まれています。コレステロール値を下げる食事のためには、肉の脂肪を取り除けばいいのです。調理をする際はフッ素樹脂加工のフライパンを使用すると少量の油で調理可能です。また、余分な油が落ちる網焼きや蒸しもの、包み焼きなどの調理方法でコレステロール値を下げる食事をしましょう。さらに調理に使用する油はバターなどの動物性脂肪より植物油を使うようにしましょう。中でもオリーブ油は善玉コレステロールを下げず、悪玉コレステロールを下げるオレイン酸が含まれているのでオススメです。


ページのトップへ ▲

青背の魚でコレステロール値を下げる

青背の魚でコレステロール値を下げる

コレステロール値を下げる食品として野菜や果物、豆などに多く含まれる食物繊維があります。食物繊維は大腸で発酵するので、腸の動きを活発にし便秘を防いだりコレステロールや発ガン性物質などを体外に排出してくれる働きがあります。エネルギー量も低く、肥満の予防にもなります。また、いわしやさば、さんまやさわらなどの青背の魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)もコレステロール値を下げる食品です。EPAには血液を固まりにくくし血液の流れをよくする働きがあり、動脈硬化や脳硬塞、高血圧などを予防してくれます。野菜や魚などのコレステロール値を下げる食品をバランスよく食事に取り入れましょう。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.