総コレステロールとは

「総」コレステロールを下げる方法!

総コレステロールとは

.

総コレステロールについて

総コレステロールについて

総コレステロールとは、HDL、LDL、VLDL、カイロミクロンなどのリポタンパクに含まれるコレステロールを合わせた値です。総コレステロールの中のコレステロールは2つのタイプがあり、他のものと結合せず、水に溶ける遊離型コレステロールと遊離型コレステロールの水酸基と脂肪酸のカルボシル基が結合した、水には溶けない性質のエステル型コレステロールがあります。総コレステロールの正常値は120〜220mg/dlです。糖尿病や肥満症、ネフローゼ症候群、胆石症などでは総コレステロールの値は高く、肝硬変や甲状腺機能亢進症などでは総コレステロールの値は低くなります。


ページのトップへ ▲

総コレステロールを測定する目的

総コレステロールを測定する目的

定期検診で測定されるのは、総コレステロール、トリグリセリド、HDLコレステロールです。LDLコレステロールは総コレステロール、トリグリセリド、HDLコレステロールをもとに計算で割り引き出せます。検診では総コレステロールやトリグリセリドなどの脂肪の量を測定し脂質代謝異常が起こっていないかどうかを調べます。総コレステロールやトリグリセリドが高い場合は高脂血症の可能性があります。また、どの脂質が異常なのかによって、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高リン脂質血症などに分類されます。総コレステロールとトリグリセリドを測定し、異常が認められるとリポタンパクを調査し、どのリポタンパクに異常があるかを調べます。そういった検査によって、その人の総コレステロールの高い原因を追求し、その人にあった治療法を見つけていきます。


ページのトップへ ▲

高血圧の人は総コレステロールも高い?

高血圧の人は総コレステロールも高い?

動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの原因になる高血圧。血圧が高い人ほど動脈硬化などが進行しやすいということは明らかで、総コレステロールやトリグリセリドが高血圧の直接の原因となるわけではありませんが、高コレステロールと高血圧が合わさるとさらに病気は進行してしまいます。総コレステロールが高ければ、血圧も高いというケースが多く、高血圧の人は脂肪の多い肉類の食事は避けた方がいいといわれてきました。しかし、日本人の場合、高血圧の原因として、塩分の摂り過ぎ、低栄養によるものでした。なので、高血圧の人は肉や卵、牛乳などは避けるという方法が絶対正しいとは言えません。その人が高血圧になった原因を調べ、それに合った治療をしていくことが必要です。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.