コレステロール値(正常値・基準値)

「総」コレステロールを下げる方法!

コレステロール値(正常値・基準値)

.

コレステロール値を知り病気を予防する

コレステロール値を知り病気を予防する

細胞膜を形成する成分であり、性ホルモンや副腎皮質ホルモンが合成される時の材料であり、そして脂肪の消化を助ける胆汁酸が合成される時の材料になるという機能を持つコレステロール。このコレステロールが基準値でなかったり、ホルモンの合成ができなかったり、脂肪が消化されず下痢を起こしたり身体に不調を起こします。さらにコレステロールが増えるのを放っておくと、生死に関わる病気を引き起こします。このコレステロールの正常値を・基準値知っておくことは病気の予防につながります。コレステロール値は血液を採取し、血清を分離させることで調べます。食事をした後すぐのコレステロール値は、少し高く、中性脂肪の値も高く正確な数値が測定できないので、12時間絶食した後に行うとより正確な正常値が測定できます。


ページのトップへ ▲

コレステロールの正常値・基準値

コレステロールの正常値・基準値

日本人の成人のコレステロール値の基準値は、130〜200mg/dlが正常値、201〜219mg/dlが境界値、220mg/dl以上のコレステロール値を計測した場合は高コレステロール血症と診断され、治療が必要になります。さらにHLDコレステロール値は男性の場合で40〜60mg/dl、女性の場合で45〜65mg/dlが正常値です。男性が40mg/dl未満、女性が45mg/dl未満の場合は低HDLコレステロール血症と診断されます。LDLコレステロール値は70〜120mg/dlが正常値で121〜139mg/dlが境界線、140mg/dl以上になると高LDL血症と診断されます。また、体内に蓄えられた皮下脂肪、肥満の原因である中性脂肪の正常値は、50〜149mg/dl。150mg/dl以上になると高トリグリセリド血症と診断されます。


ページのトップへ ▲

コレステロール値の結果から

コレステロール値の結果から

総コレステロール値が基準値より高く、LDLコレステロール値の基準値も高い、HDLコレステロール値が低い場合は注意が必要です。ただし、総コレステロール値が正常値の220mg/dlを超えていたとしても、250mg/dl以下であれば食事療法や生活習慣を見直すことで正常に戻せる可能性があります。しかし、コレステロール値の検査の結果、コレステロールの正常値・基準値において注意を促された場合は、そのままの生活を続けていると病気になってしまいます。逆に、検査したことで正常値・基準値を知り、注意が必要と分かれば食事や生活習慣の改善で良くなることもあります。検査の結果を慎重に受け止め、コレステロールの正常値に向けてこれからの生活習慣を見直しましょう。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.