LDLコレステロールとは

「総」コレステロールを下げる方法!

LDLコレステロールとは

.

LDLコレステロールについて

LDLコレステロールについて

LDLコレステロールは別名悪玉コレステロールと呼ばれ、低比重でコレステロールを45%含み、タンパク質を約20%含んでいます。肝臓から各組織へコレステロールやリン脂質を運びます。また、VLDLコレステロールは肝臓でつくられるリポタンパクで、脂肪を50%含みます。肝臓でつくられた脂肪を運ぶ役割があり、LDLコレステロールに変化します。さらに低比重のカイロミクロンは、小腸でつくられ食物から吸収した脂質を肝臓へ運びます。脂肪を82%含みタンパク質は2%。その一部はVLDLコレステロールと同じく、酵素によって分解されエネルギー源になります。


ページのトップへ ▲

LDLコレステロールの役割

LDLコレステロールの役割

LDLコレステロールもVLDLコレステロールもコレステロールや脂質を各細胞や組織に運搬するという大切な役割を担っています。ですから、LDLコレステロールやVLDLコレステロールが全くなくなってしまうのは、身体によって良いことではありません。生体は食物から摂取した脂質の中で、エネルギー源となる中性脂肪を各組織に配分し、LDLコレステロールは細胞にコレステロールを運びます。また、肝臓から血液に流れたコレステロールはLDLコレステロールとなって組織へ運ばれます。このようにLDLコレステロールがないと細胞膜は形成されないので、身体はとても危険な状態になります。


ページのトップへ ▲

タバコとLDLコレステロール

タバコとLDLコレステロール

しかし、LDLコレステロールが増えてしまっては動脈硬化をはじめ、様々な病気を引き起こします。LDLコレステロールを増やす危険因子の一つとしてタバコがあります。喫煙本数が多い人ほどLDLコレステロールの値は上がり、HDLコレステロールの値は下がるというデータが出ています。その原因としてはニコチンが関係しているといわれています。ニコチンはカテコールアミンというホルモンの分泌を促進し、血管を収縮させ、心臓の活動を早め高血圧になったり、化血小板を凝縮させ血栓をできやすくしたり、肝臓で中性脂肪をつくることを促し、LDLコレステロールを増やすといわれています。タバコは動脈硬化を進め、狭心症や心筋梗塞などの危険な病気を引き起こしかねないのです。また、タバコの煙も動脈硬化のもとになるといわれています。自分のためにも周囲の人のためにも喫煙について考えてみましょう。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.