高コレステロールとは

「総」コレステロールを下げる方法!

高コレステロールとは

.

高コレステロールの危険性

高コレステロールの危険性

高コレステロールとは血清のコレステロール値が250mg/dlを超えた状態のことをいいます。脳や肝臓、副腎、脂肪組織、筋肉などを中心に体内に広く存在するコレステロール。このコレステロールが食生活、生活習慣、ストレスなどによって過剰になり高コレステロールとなります。高コレステロールになると、動脈の内側に脂質プラークができます。血管壁にできたプラークが破れると出血し血の固まり(血栓)ができ、血栓ができると血管の中が狭くなり血液の流れが悪くなって心筋梗塞や狭心症が起こります。また、動脈硬化の原因になる高コレステロールは脳硬塞や糖尿病、胆石症など生死に関わる様々な病気を引き起こす可能性があります。


ページのトップへ ▲

動脈硬化を引き起こす高コレステロール

動脈硬化を引き起こす高コレステロール

高コレステロールは動脈硬化に陥りやすい状態です。動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳出血などの危険な病気になってしまいます。では、動脈硬化とはどのような病気なのでしょうか?血管の内側の壁に脂質やカルシウムなどが蓄積し血管が固くなり、様々な成分が付着し血管が細く、もろくなります。進行すると血液の流れが悪くなったり、破けたりするのです。動脈硬化には主に3つの現れ方があります。脳や腎臓などの動脈の内側にコレステロールが付着し、お粥状の固まりができて血管内が細くなってしまうアテローム性動脈硬化、脳や腎臓などの細い動脈に壊死などができる細動脈硬化、腕や太ももの太い大動脈の血管の中腹にカルシウムが付着して石灰化する中膜硬化、があります。動脈硬化の中で最も代表的なのはアテローム動脈硬化です。アテロームは高コレステロールによってつくられるのです。


ページのトップへ ▲

高コレステロールが引き起こす病気

高コレステロールが引き起こす病気

高コレステロールは他にも様々な病気を引き起こします。代表的な成人病の一つである糖尿病。私たちがエネルギー源としているブドウ糖は、栄養として利用しやすい形に変わりますがその時に必要なのがインスリンです。このインスリンが減少したり、作用できないと血糖が異常に増えます。これが糖尿病です。この状態を放置していると高コレステロールになり動脈硬化を引き起こす原因になります。また、高コレステロールで肥満型の人に多い胆石症は、胆道にコレステロールや胆汁成分などが蓄積され、石のように固まってしまう病気。さらに日本人の食生活が変わったことで、大腸がんや乳がんなどが増加したことから、コレステロールとがんの関係も研究されています。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.