コレステロールを下げる薬と副作用

「総」コレステロールを下げる方法!

コレステロールを下げる薬と副作用

.

大切なことは食事と運動

大切なことは食事と運動

医療の進歩とともにコレステロールを下げる薬の開発も進み、コレステロールを下げる治療も行えるようになってきています。しかし、コレステロールが高くなってしまうのは、食生活や運動不足といったものからきていることがほとんど。コレステロールを下げるには薬に頼るよりも日常生活から見直す必要があります。また、コレステロールが高いと診断されてもよほど高い数値が出ない限りは、薬の処方より食事療法や運動療法を勧められます。もちろん、薬で治療をすることになっても薬だけに頼るのではなく、食事療法や運動療法も行います。コレステロールを下げる1番の薬は食事療法と運動療法、健康的な日常生活ではないでしょうか。


ページのトップへ ▲

主にコレステロールを下げる薬

主にコレステロールを下げる薬

コレステロールを下げる薬には様々なものがあります。検査値をしっかりチェックしながら、医師の指示をきちんと守って服用するようにしましょう。自分の判断で飲んだり、飲まなかったりしないようにしましょう。コレステロールを下げる薬として一般的に処方されるものにHMG-CoA還元酵素阻害剤・プラバスタチン、シンバスタチンといわれるものがあります。肝臓でのコレステロールの合成を抑え、LDL受容体を増加させるLDLを減少させる働きをします。副作用も少なく、よく使用される薬です。ごくまれに発疹や肝機能障害の副作用があります。また、陰イオン交換樹脂・コレスチラミンという薬は、腸管内において胆汁酸を吸着し、それを排せつさせる働きをします。副作用としては時に便秘になることもあります。その他、LDLの酸化を抑えるプロブコールという薬があります。まれに胃腸障害や肝機能障害などの副作用を起こすことがあります。


ページのトップへ ▲

主に中性脂肪を下げる薬

主に中性脂肪を下げる薬

中性脂肪を下げる薬も様々な薬があります。クロフィブラート、ベザフィブラート、クリノフィブラートといったフィブラート系の薬はVLDLの合成を抑え、分解を亢進。LDL を低下させます。まれに副作用として胃腸障害や肝機能障害を起こすことがあります。ニコモールやニセリトロールといったニコチン酸製剤は動脈硬化を起こすリポタンパクを抑える働きがあります。まれに血糖値が上がるという副作用を起こします。他にもイコサペンタエン酸やパンテチンなどがあります。コレステロールを下げる薬や中性脂肪を下げる薬にはあまり副作用はありませんが、まれに胃腸障害や吐き気などの副作用を起こすことがあります。その時は早急に医師に相談するようにしましょう。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.