HDLコレステロールとは

「総」コレステロールを下げる方法!

HDLコレステロールとは

.

コレステロールの移動手段

コレステロールの移動手段

食物から摂取された脂肪や体内で作られた脂肪は、全身に配分されなくてはなりません。そのためには血液に溶け込むことが1番いい方法ですが、脂は水溶性である血液に溶け込むことはできません。そのため、コレステロールや中性脂肪はリン脂質やタンパク質と結合しリポタンパクとなって体内を移動します。そのリポタンパクは比重により分類することができます。その中でHDLコレステロールとは高比重リポタンパクのことです。その他、低比重のリポタンパク・LDLコレステロール、超低比重リポタンパク・VLDL、最も低比重で体積の大きいリポタンパク・カイロミクロンに分類することができます。


ページのトップへ ▲

HDLコレステロールの役割

HDLコレステロールの役割

リポタンパクの中で最も比重が大きいHDLコレステロール。このHDLコレステロールとはどんな働きをするのでしょうか?HDLコレステロールは別名善玉コレステロールとも呼ばれ、血液に入って体内を循環し、細胞内で不用となったコレステロールを吸収し肝臓へ運搬する働きをします。HDLコレステロールは約半分がタンパク質であとは脂肪です。その脂肪の約3分の1はコレステロールで3分の2はリン脂質です。細胞膜の構成成分やホルモンの材料となるコレステロールやリン脂質を運ぶHDLコレステロールとLDLコレステロール。主に肝臓でつくられたコレステロールを末梢組織まで運ぶのがLDLコレステロールで、末梢組織にたまったコレステロールを肝臓まで運んでくるのがHDLコレステロールです。


ページのトップへ ▲

アルコールはHDLコレステロールを増やす?

アルコールはHDLコレステロールを増やす?

昔から「酒は百薬の長」と言われアルコールは飲み方次第で薬になるとされてきました。また、赤ワインは悪玉と言われるLDLコレステロールを防いでくれると言われています。これは、LDLコレステロールが過剰になると体内の活性酸素と結びつき、酸化LDLになります。酸化LDLは動脈硬化の原因になるのです。赤ワインに含まれるポリフェノールは酸化を防いでくれる機能があり、動脈硬化を防いでくれるというわけです。少量のアルコールは血液の流れを良くし、HDLコレステロールを増やしてくれます。しかし、飲み過ぎると中性脂肪を増やし、逆にHDLコレステロールを減らしてしまうことにもなるのです。アルコールは適量を楽しく飲むようにしましょう。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.