コレステロールと中性脂肪について

「総」コレステロールを下げる方法!

コレステロールと中性脂肪について

.

中性脂肪について

中性脂肪について

コレステロールと同様、中性脂肪という言葉もよく聞きます。中性脂肪は別名トリグリセリドといい、体脂肪と呼ばれるものの一つです。中性脂肪についてもコレステロールと同じようにあってはいけないもの、のようなイメージがついていますが、中性脂肪も人間の身体にとって大切な役割を果たしているのです。中性脂肪の役割についてですが、一つはエネルギーの貯蔵庫としての役割があります。身体を動かすエネルギー源として、糖分が枯渇した場合など必要に応じて遊離脂肪酸とグリセロールに分解され、エネルギーとして利用されます。また、中性脂肪は気温が低い場合については身体を守り、体温を保つ働きや外部からの衝撃から身を守ってくれる身体の保護についても役立っています。


ページのトップへ ▲

コレステロールと中性脂肪の関係について

コレステロールと中性脂肪の関係について

コレステロールも中性脂肪も脂肪の一種で、水には溶けません。そこで血液となじみやすいタンパク質と結合し、血液中を流れていきます。コレステロールはタンパク質と結合した時に、HDLコレステロール、LDLコレステロールとなります。HDLコレステロールは細胞内の余分なコレステロールを吸収し肝臓に運ぶ役目を持ち、LDLコレステロールについてはコレステロールやリン脂質を運ぶ役目を担っていますが、LDLコレステロールが増え過ぎると余分なコレステロールが動脈の内側に入り込んで、動脈硬化のもととなり、また、進行させます。一方でHDLコレステロールは動脈の内側に付着したLDLコレステロールを回収する働きがあるのです。血液の中の中性脂肪が増え過ぎるとHDLコレステロールが減少し、LDLコレステロールが増加してしまい、動脈硬化の原因になるのです。


ページのトップへ ▲

中性脂肪が引き起こす病気について

中性脂肪が引き起こす病気について

中性脂肪が高くなるとなかなか分解できず、エネルギーに変換されなくなります。その結果、血管にコレステロールが付着し動脈硬化を引き起こすのです。そればかりでなく狭心症や心筋梗塞、脳硬塞、糖尿病までも引き起こします。また、中性脂肪が肝臓にたまると脂肪肝になるといわれています。健康な肝臓は中性脂肪、コレステロール、リン脂質などの脂肪が3%強くらい含まれています。これが10 %以上中性脂肪で占められた状態を肝脂肪と呼びます。原因については、アルコールの過剰摂取と肥満です。近年、食生活が欧米化してきたことで栄養を摂り過ぎる傾向にあり、肝脂肪の患者が増えてきたといわれています。脂肪肝が続くと肝硬変に進行しやすく、また、動脈硬化や高血圧にもなりやすいので、食生活の改善が必要です。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.