悪玉コレステロールとは

「総」コレステロールを下げる方法!

悪玉コレステロールとは

.

なぜ悪玉コレステロールなのか?

なぜ悪玉コレステロールなのか?

各細胞にコレステロールを運ぶLDLコレステロール。しかしこのLDLコレステロールが増え過ぎると余分なコレステロールが血管内に付着し、蓄えられ動脈硬化を引き起こす原因になります。これが原因でLDLコレステロールは悪玉コレステロールといわれています。一方、HDLコレステロールは細胞内の余分な悪玉コレステロールを回収し肝臓に運びます。運ばれたコレステロールは胆汁酸などになり体内で再利用されるのです。このようにHDLコレステロールが充分あれば、LDLコレステロールが悪玉コレステロールにはならないのです。


ページのトップへ ▲

動脈硬化の原因である悪玉コレステロール

動脈硬化の原因である悪玉コレステロール

悪玉コレステロールは動脈硬化の原因となる、とよく言われますが、動脈硬化とはどのようなものでしょうか?動脈は酸素と栄養をたくさん含んだ血液を運ぶ血管です。この動脈の内膜は、高血圧や血管炎などによって傷つけられ、そして回復するということを繰り返します。その傷ついたところに悪玉コレステロールやカルシウム、血小板などが取り込まれ、血管内膜はコレステロールや老廃物がどんどん溜まり血液の流れに支障をきたすようになります。動脈は弾力性を失い、もろくなって少しの刺激にも耐えられなくなり破れてしまうのです。脳動脈、冠状動脈などに起こりやすく、脳硬塞や狭心症、心筋梗塞などを起こす原因になります。


ページのトップへ ▲

酸化した悪玉コレステロールとは?

酸化した悪玉コレステロールとは?

動脈硬化の原因になる悪玉コレステロール。さらにその悪玉コレステロールが活性酸素の影響を受け、酸化変性した悪玉コレステロールが本当の意味で悪玉となります。酸化した悪玉コレステロールは、血管の拡張作用の障害になるのです。糖尿病の人や喫煙者、高血圧の人、閉経後の女性は悪玉コレステロールが酸化されやすいといわれています。この酸化を防ぐものが体内にある酵素、そして抗酸化物質と呼ばれるものです。では、どんなものが抗酸化物質なのでしょうか。よく知られている赤ワインのポリフェノール、緑黄色野菜に含まれるカロテン、果物や野菜に含まれるビタミンC、ごま油やナッツ類に含まれるビタミンEなどが抗酸化物質としていわれています。この酸化を防ぐ抗酸化物質を含んだ食品を摂取し、悪玉コレステロールを変性させないことも大切です。


ページのトップへ ▲


イマーク

| ホーム | コレステロールとは? | コレステロールが高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | コレステロールを下げる薬と副作用 | HDLコレステロールとは | HDLコレステロールが高いとどうなる? | LDLコレステロールとは | 悪玉コレステロールとは | 善玉コレステロールとは | コレステロール値(正常値・基準値) | コレステロール値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高コレステロール血症とは | 低コレステロールとは | 低コレステロール血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高コレステロール血症 |

Copyright (C) 「総」コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.